執念深い男と聞くと、とても悪い印象があります。実際に執念深い男性と深い関わりを持って、後々面倒なことになったという女性も多いです。できれば深入りせずに過ごしていきたいですね。

では執念深い男とは、どこで見抜けば良いのでしょうか?また、どのように対処すれば良いのでしょうか?今回は執念深い男の特徴と対処法を紹介します。

1.負けず嫌いであきらめが悪い

『執念深い』という言葉の意味は、あきらめが悪いということです。まさに執念深い男の特徴とは、あきらめが悪い人のことを言います。これは何に対してもあきらめが悪いのです。

  • 勝負をしていても、自分が勝つまで対決を挑む
  • 失恋してもあきらめずに何度でもアタック
  • 何度失敗しても、何度でも立ち上がる

これは決して悪いことではありません。負けず嫌いであきらめが悪いということは、よく長所であげられる言葉でもあるくらいです。しかし、このあきらめの悪さも度が過ぎると執念深く怖い人になってしまうのです。

負けず嫌いな男の対処法

もしあなたが告白を断ったのに、あきらめてくれない執念深い男性がいたら・・。余計な期待を持たせずに、はっきりばっさりと思いを伝える必要があります。あきらめざる得ない状況を作るのです。

「今は彼氏いらないから」なんて断り方では絶対にあきらめてくれません。「あなたのことは絶対にこの先好きにならないので、もう話しかけないでください」くらい強く断ってしまう方が良いでしょう。

2.とにかくしつこい

あきらめが悪いということの続きにもなりますが、執念深い男性はあきらめが悪いために何をしてもしつこいです。相手が受け入れるまで、相手が納得するまで、相手が自分を好きになるまで、相手に勝つまで・・。

とにかく自分が満足するまでは、何でもしつこくしつこく繰り返します。周囲はそのしつこさにうんざりしてしまうでしょう。

しつこいというのは情熱があるからです。情熱がない人にはしつこいという行為はできません。これも悪いことではないのですが、本人以外の人に不快感を与えてしまうのであれば、これは良いこととは言えませんね。

しつこい男の対処法

しつこい男は相手を納得させることで、最終的に自分が納得するのが目的です。自分が満足したいためにしつこい行動に出るのです。

しつこい男にうんざりしてしまった時は、とりあえず納得した素振りを見せましょう。どーでもいいことで意地になって張り合っているとずっと平行線です。あなたが納得することが、執念深い男の心は満たされるのです。

3.集中すると周りが見えない

執念深い男性の特徴として、物事に集中すると周りが見えないということがあります。

У нашей компании важный портал про направление progressive.com.kz/.