別に興味が持てない人に対して、無理矢理興味を持とうとしなくていいのです。「この人とはそんなに仲良くないし、沈黙してもいいや」と割り切りができれば、案外気持ちは楽になるものです。

4.心地いい沈黙を意識する

沈黙が痛い!と感じる人も多いようですが、実は沈黙は悪いこととは限りません。確かに初対面の人と何も話さないでいると、気まずいですよね。だけど、親しい人となら同じ沈黙でもそんなに辛くないはずです。

気心が知れているからこそ、黙っていても平気という関係もあります。ですので、沈黙=気まずいと決めつけず、「たまには沈黙してもいいや。相手もそのほうが楽かも」と考えてみましょう。

5.相手に対して心を開いてリラックスする

沈黙しているうちに、「何を話そう?」「相手も気まずい思いしているかな?」とあれこれ心配して、さらに場の雰囲気が硬くなった・・そんな経験はありませんか?もしかしたらみんな、沈黙そのものよりも、沈黙して気まずい雰囲気になるのが怖いのかもしれません。

そこで大切なのは、相手に対して警戒心を抱かず、心を開くことです。あなた自身がリラックスしていれば、それが相手にも伝わります。そうすれば、場の雰囲気も少しは柔らかくなるはずです。

沈黙をポジティブなものととらえよう

沈黙している間、「気まずい!」「相手も退屈してるんだろうなぁ〜」なんてネガティブなとらえ方をしていると、どんどん沈黙が怖くなってしまいます。また、場を繋ごうと無理してしゃべって、あとで後悔することもあるかもしれません。

そんな時は、沈黙をポジティブにとらえることが大切です。沈黙している間、今までのおしゃべりの余韻を楽しむのも素敵なことですよ。



Предлагаем вам со скидкой UMi Diamond купить недорого с доставкой.