次にどんな動きをするべきかを見極めて、素早く行動に移す。これらもスポーツで必要なことです。スポーツをすることで、予測して素早く動くことが自然と身に付きます。スポーツ選手は頭の回転が早い人が多いのもそのためですね。

運動不足の人は、予測して動くということが身についていないため、いつも一歩遅れてしまうのです。

4.睡眠時間が足りない

数時間しか寝ていないと、次の日の朝は寝不足で頭が働きません。仕事に行っても思考能力が鈍く、ボーっとしてしまう時間が多くなってしまうのです。常に夜更かしをしていて、寝不足状態が続いている人は、常に思考能力が低く頭の回転が遅いと言えるでしょう。

規則正しい生活を心掛けて、睡眠時間もきちんと確保してください。できれば6〜7時間が理想的な睡眠時間です。睡眠をとり、脳をリセットさせることで、朝はスッキリと起きることができます。

朝食も食べて出掛ければ、朝から頭はフル回転。どんどん自分のやるべきことをこなしていけるはずです。

5.知識を増やす努力をしていない

頭の回転が遅い人には、頭の中に入っている知識が少ない人もいます。回転させても知識不足から、良い答えを導き出すことができずに彷徨ってしまうのです。反対に知識が多い人は、頭を一周回転させれば自分がするべき答えを導き出すことができます。

知識を増やすためには経験を積む他に、人との会話や読書をすることなどがあげられます。自分の知識の引き出しを増やして、導き出す答えの選択肢を増やしましょう。そうすることで頭を回転させた時に、素早く良い答えにたどり着くことができるようになるはずです。

頭の回転は努力で変わる

「自分はもともと頭の回転が遅いし・・」なんて諦めている人もいたかもしれません。しかし、頭の回転は早くすることができます。努力で鍛えることができるものなのです。

今の自分を変えたいと少しでも感じているのであれば、今回紹介したことを参考にしてみてください。