大きくしたい過剰な欲求は恐怖

自分の胸を少しでも大きくしたい・・。このように考える女性は少なくありません。確かに胸にコンプレックスを感じて「少しでも・・」と思うことは自然なことです。男女かかわらず、自分のコンプレックスを改善したいともうのは自然なことですからね。

ただ、過剰に胸を大きくすることに執着すれば話は変わってきます。すでに十分胸があるのに、豊胸手術をする・・。自分のパートナーがそんなことをしても、男性は喜びません。むしろ、過剰な欲求に恐怖すら感じる人もいるでしょう。

充分痩せているのに、さらにガリガリになろうとしたり、十分綺麗なのに整形を繰り返したり・・。これは胸だけでに言えることではありません。細くて美人でスタイルのいい女性を好む男性も、過剰な欲求に心を支配されている女性なんて望んでいないのです。

ひとつの被験者でしかない

胸は女性のシンボル的存在です。そのため、多くの女性が自分の胸を意識します。しかし、男性からしてみればそれほどのことではありません。単に好みの一つでしかないのです。

すらりと長い足に魅力を感じたり、プリッと上がったお尻がたまらなく好きだったり・・。巨乳・貧乳に関わらず、胸に対してのこだわりも同じ程度のものなのです。

確かに男性はおっぱいが大好きです。しかし、特別胸を気にしているのは、女性だけ・・。意外とこの事実を知らない方は多いです。

巨乳と貧乳で優劣なんてない

女性の中には、巨乳と貧乳に優劣をつける方がいます。しかし、実際に胸の大きさに優劣をつける男性なんて殆どいません。前半で紹介したように、おっぱい事態に興味があるわけで、大きさは好みでしかないのです。

巨乳が好きなのか?貧乳が好きなのか?普通でいいのか?柔らかいのが好きなのか?どんな形が好きなのか?そんなことは好みでしかなく、そこに優劣なんてありません。それが多くの男性の本音です。身体の特徴が人それぞれなように、好みも人それぞれ。それなら、好みに優劣がないように、身体の特徴に優劣なんてないのです。

ネガティブになることだけはNG

あなたが男性に抱く巨乳好きのイメージは変わりましたか?結局は人それぞれであり、女性ほど胸に関して深く考えていないというのが正解です。

ただ、一つだけ男性が嫌がることがあります。それはネガティブになること。貧乳好きな男性の3つの心理と嫌われる貧乳女子の特徴もあるように、後ろ向きなことをグチグチ言われても、男性はどうすればいいのか分かりません。それだけは注意してください。

「でも、やっぱりもう少し胸があれば…」なんて方は、定期購入の縛りがなく、カウンセリングも付いていて格安でバストケアを試せるを試してみては?