女性の話になると、常に年齢の話をしだして若い女性がいかに魅力的なのか?そんな話ばかりを永遠と繰り返す・・。こんな痛い男に限って、全く女性から相手にされていないのもあるあるですね。

5.酒癖が悪い

酒癖が悪い男も勘弁してほしいですね。一人のみで酔っ払ったり、男友達だけでバカ騒ぎするのは構いません。何の被害もありませんからね。しかし、女性と飲む際に手が付けられないような酔い方をされるとドン引きです。

自分だけでなく、周りのお客さんにも迷惑をかけたり、しつこくホテルに誘おうとしてきたり・・。最悪の場合は、こちらが介抱しなくてはいけなくなります。

これでは楽しいお酒の場も台無しです。しかも、初対面の男性にこれをやられると・・。考えただけでゾッとしますね。

6.個性的なファッション&他人のセンスを評価

ファッションは個人の自由です。少し奇抜で個性的なファッションだからといって痛いわけではありません。また、他人のファッションセンスを批評してくる男性も痛くはありません。甘口で褒められると嬉しくなりますからね。参考にしたい部分も聞くことができます。

ただ、この2つが合わさると痛い男になってしまいます。奇抜で個性的なファッションセンスをしている男性と感性があることはありません。当然、辛口の批評をされます。

一度や二度なら構いませんが、会うたびに自分のファッションをダメだし・・。こんなことを会う人すべてにしていては、当然痛い男になってしまいます。

自分と違ったジャンルのセンスを許容できない器の小さいと男ともいえます。このタイプの男は意外に多いです。あなたの周りにもいませんか?

7.常にモテている前提

別に身なりを特に意識しているわけでもなく、自分がイケメンでないことも自覚している。それなのに、常に自分はモテているという前提で話してくる男がいます。ネタではなく、本人はいたって本気です。こんな痛い男もあるあるです。

ものすごいトーク力や、大人の魅力や経済力があるわけでもありません。当然、モテてきた実績もなく、現在進行形でモテているわけでも彼女がいるわけでもありません。一体何なのでしょうか?

別に悪い人ではないけれど、見ているこっちが本当に痛々しくなります。ただ、本人に誰も直接伝えないのもあるあるです。

悪い人ではないけれど・・

中には人間的に無理というタイプもいますが、半分以上は悪い人ではありません。ただただ痛いだけなのです。遠くからそっと見ているつもりで接していれば、イライラすることもなく最低限の人付き合いができますよ。


Нашел в интернете интересный интернет-сайт на тематику https://best-mining.com.ua.