また親の代以前から利用される家具や小物を引き継ぐ場合も多く、アートや時計、部屋の装飾品など、家族の歴史を垣間見れるインテリア小物を大切に飾っているお家も多くあります。

再利用の簡単DIYがお得で楽しい

先ほどもあげましたが、リサイクルショップやオークションなどで入手した古い家具を、削ってペンキを塗りなおしたり、取っ手を付け替えたりする簡単なDIYは女性でもできてとてもポピュラーです。

他には梯子を横にして棚にしたり、ボートのオールをオブジェにしたり、木製ワインボックスで簡単な収納を作ったり。そういったDIYアイデアは雑誌やテレビ、本などで常に紹介される人気のトピックスでもあります。

小さなボタンからお部屋に飾れるオブジェや家具までアンティークものが日本よりもかなり安く手に入るため、イギリスを訪れるチャンスがあればカーブーツセールやアンティークショップ巡りをしてみるのも楽しいかもしれません。

リサイクルセンター

自分で工夫することの充実感

DIYの得意な方の中には、プロ級の方もいます。キッチンを自分で取り付けたり、バスタブやシャワーブースの入れ替え、本格的なタイル貼りからフローリングの張り替え、大規模なところでは、部屋を増築する人もいます。

作業する人にもよりますが、残念なことに失敗があったり仕上げの詰めが甘いのもDIYならでは。水周りのパッキンの仕上げがはみ出していたり、ペンキの塗り残しや雨漏りのある部屋などもご愛嬌です。

イギリスの自分たちの工夫で暮らしを「心地良くしたい」という情熱は見習うべきことです。そこには失敗もつきものですが、お金をかけるだけでは得られない充実感があるのかもしれません。

小さなDIYから挑戦してみて

大規模DIYはとてもできませんが、それでも小さな家具や小物は女性でも簡単に取り組めますし、自分で工夫して作ると達成感や愛着が沸きとても楽しいものです。

イギリスのDIY精神ではないですが、コストを安く愛着あるものを作りたいならば、失敗を恐れずに身近でできるDIYを見直してみるのも良いかもしれませんね。


ABOUTこの記事をかいた人

Maru

イギリス在住の元インテリアコーディネーター。趣味はDIYとガーデニングです。日常から感じた何コレ?や、カワイイ!ビックリなどのアレコレを楽しくシェアできたらと思っています。