地方の田舎にあるアパートなら安いかもしれませんが、都市に出て来ている学生は、家賃だけでその位の値段を支払っている人もいるでしょう。

ドイツでは一人暮らしよりは、同じ学生たちとシェアハウスに住むことが主流で、大体月に200ユーロから350ユーロ位です。(もちろんミュンヘンやハンブルクなどの大きな都市にいくと高くなります)

そして、日本と違って居酒屋に行って飲み会をするというよりは、友達が住んでいるシェアハウスでパーティをすることが多いので、飲食代が格段に安くなります。大体月150ユーロ位でしょう。

また、ドイツにいると日本のように娯楽施設がないので、遊びに行ってもあまりお金がかかりません。天気が良い日は一緒に公園で日光浴をしたり、図書館で勉強したりと、普段の生活であまり贅沢をする学生がいないのです。

「海外留学」というと「すごくお金がかかるもの」と思われがちですが、ドイツはドイツ語力、または英語力があり、なおかつ日本の高校を卒業している人であれば、誰にでも留学するチャンスがあります。

悩んでいる時間があったら、是非一度日本を飛び出して、トライしてみてください!



ABOUTこの記事をかいた人

ヘッピンゲン

初めまして。ドイツ在住のヘッピンゲンです。ワーホリや学生を経て、日本人の主人と結婚して、これからもドイツ在住の予定です。これからドイツに来る方のお役に立てる情報を発信していきます。