濃厚というよりは、とってもさっぱりしていて、ドイツ料理に胃をやられてしまった人でも、さらっと食べられるケーキです。

アプフェルクーヘン(りんごのケーキ)

ドイツ語ではアプフェルクーヘンと言います。ドイツでは日常的にりんごが食べられており、りんごのケーキに使われる量も、これでもかというくらいりんごがたっぷり入っており、りんごを砂糖につける際に、砂糖の量もとても少なく、りんごそのものの素材の味を楽しむことができます。

筆者はりんご単体を食べるのはあまり好みませんが、ドイツのりんごのケーキは大好きです。

シナモンも入ってる場合が多く、でもうっすらと優しい香りなのでシナモンが苦手な人でも、あまり気にならないのではないでしょうか。

クリスマスに食べられるシュトレン

ドイツに11月末から12月に来る人限定ですが、クリスマスに食べられるケーキに「シュトレン」というものがあります。

上質なドライフルーツやナッツが入っているシュトレンは、香辛料がたっぷり入っており、ケーキや甘いものが得意ではない人にもってこいの味です。

シュトレン

星付きレストランなどでは9月にはもう焼き上げで、12月のその時期が来るまでゆっくりねかせ、味を染み込ませるそうです。近年は日本でも売られていますが、冬にドイツに来ることがあれば、是非試してみてくださいね。

ドイツのケーキはシンプルな味が多いです。日本のように、細かな技術を用いたケーキ職人はあまりいないように思います。また、ケーキを外から見て、日本人的に「可愛い!」と思うようなケーキは大体ハズレなことが多いです。

ケーキ屋さんでハズレでもいいから、試したい!という場合を除いては、ぱっと見地味なものが美味しいですよ。是非ドイツにいらした際は、試してみてくださいね!



ABOUTこの記事をかいた人

ヘッピンゲン

初めまして。ドイツ在住のヘッピンゲンです。ワーホリや学生を経て、日本人の主人と結婚して、これからもドイツ在住の予定です。これからドイツに来る方のお役に立てる情報を発信していきます。