先ほどのクスミティー然り、ダイエット茶の多くは緑茶をベースにしたものがほとんどです。緑茶には脂肪を減らし、ホルモンバランスを整える効果があるそうです。肥満症やメタボ、生活習慣病の人にもおすすめとのこと。

ネットや雑誌でちょっと探せば、緑茶の効果について書かれた膨大な記述がすぐ出てきます。緑茶に豊富に含まれているカテキンには強い抗酸化作用があり、病気予防やアンチエイジングに効果的です。中には「緑茶は砂糖への欲求を減らす」なんていうものまであります。

「緑茶を飲めば痩せる」だの「緑茶は理想体重に近づけてくれる」だの、一応研究で裏付けられているみたいですが、少々大げさに思えるような情報も。もし緑茶を飲むだけで痩せるなら、日本人はみんなもっとダイエットのために緑茶飲んでるよ。

緑茶はせっかちなフランス人にピッタリ?

発酵茶である紅茶やウーロン茶と違い、ただ乾燥させただけの緑茶は、抽出しやすいというメリットもあります。水でも抽出できますし、60度くらいのお湯で数分蒸らせばそれでOKというのは珍しいのです。

ハーブティーは7~8分抽出時間が必要なものもありますから、この緑茶のスピーディーさはせっかちフランス人には嬉しいポイントです。

日本人があまり知らない緑茶のメリット

緑茶にはこんなにメリットがあるのに、日本人があまりこのことを知らないのはもったいないですよね。

そもそも、最近は緑茶を飲む機会自体が減りつつあるのではないでしょうか?緑茶を淹れたことがないという人も結構いることでしょう。

日本にいたら気付けなかったかもしれませんが、日本の外に出ることで緑茶の魅力を再発見できました。体重が減るかはさておき、健康に良い効果があるのは間違いなさそうです。早速、緑茶淹れて飲もっと。