滑らかなクリームをパンに乗せてトースターで少し焦げ目がつくらいトーストして食べるのはもちろん、塩気のあるクラッカーに挟んだり、いちごなどのフルーツをディップして食べても甘さと塩加減、酸味のバランスがとれてとてもおいしいです。

シンプルにコーヒーやホットチョコレートに浮かべて飲むのも寒い季節には良いですね。かなり活用度が高いのでトーストからお菓子作りまで1個あると色々な使い方ができますよ。

またフラフはゼラチンを使用してないので、海外に多いベジタリアンにはお馴染みのスプレッド。日本ではamazonや輸入品食材を取り扱うお店にありますのでぜひ試してみてください。

Fluff

カラメルビスケット「Biscoff」のスプレッド

チョコレートバーだけでなく、ビスケットまでもスプレッドに変身したのがおなじみLotus(ロータス)社のBiscoff(ビスコフ)を使ったスプレッドです。

あのベルギー生まれのカラメル風味のビスケット、一度は機内サービスのスナックなどで食べた事のある方も多いのではないでしょうか。

香ばしいカラメル風味のこのスプレッドは、スムースタイプと砕いたビスケットの入ったクランチータイプの2種類が販売されています。

トーストはもちろんパンケーキやバゲットに塗ったり、アイスクリームに混ぜ込むと味のアクセントになって新鮮な味わい。見た目ほど甘くないので日本人向けのスプレッドかもしれません。

ビスコフ

いつものトーストを新鮮に!

甘いものを食べるとなんだか元気が出る朝の食事。いつものトーストに飽きた方にぜひ試してもらいたい海外のスプレッドでした。

ご紹介したスプレッドはパッケージもお菓子のようで可愛いですし、海外旅行のお土産にもおすすめ。日本でも輸入食品会社やアマゾンでも手に入れられるものもありますので、いつもと違う味をぜひ試してみてくださいね。


ABOUTこの記事をかいた人

Maru

イギリス在住の元インテリアコーディネーター。趣味はDIYとガーデニングです。日常から感じた何コレ?や、カワイイ!ビックリなどのアレコレを楽しくシェアできたらと思っています。