大抵のレストランでは、当日に電話で注文をし、15~30分後に受け取りに行くという流れです。しかし、中には、前日までの注文しか受け付けないというレストランもあるので、事前にホームページや電話等で確認する必要があります。

また、レストランによっては、同じ料理を注文しても、店内で食事をする際と料理を持ち帰る際の値段が異なる場合があります。

プランクステーキ

写真の料理は、スウェーデンのレストランでよく食べられているハンガリーの伝統料理、プランクステーキです。このような本格的な料理も、テイクアウトをして自宅で楽しむことができます。

プランクステーキを店内で食べる場合は、木製プレート上に盛り付けされた上で提供されます。

日本と比べてスウェーデンでの外食費は高くつく

ピザ一枚約70クローナ(約1000円)、アジア系レストランでも、一品約85~120クローナ(約1130 ~1595円)と、スウェーデンでの外食は決して安いとは言えません。

そのため、日本の外食産業と比べてしまうと、スウェーデンでの外食は、価格が高く、選択肢も狭いと感じる人は多いかもしれません。

近年、平日に外食をする現地人も増えてはいるものの、やはり週末や特別な機会の外食が主流です。

スウェーデンでお得に外食する方法としては、大体60~100クローナ程度(約800~1300円)で店内の料理を好きなだけ堪能できるランチビュッフェを提供しているレストランを利用する等があります。

以上、スウェーデンの一般家庭の食卓事情及び現地の外食事情についてご紹介させていただきました。スウェーデンにお越しの際は是非、スウェーデンの伝統料理やステーキ、多国籍料理をお試し下さいね!


ABOUTこの記事をかいた人

近藤万祐子

神奈川県横浜市出身の30代の日本人女性です。2012年に、スウェーデン人男性と結婚し、スウェーデン南部へ移住しました。現在は、現地の大学で心理学と教育学を勉強しています。また、学業の傍ら、スウェーデン在住ライターとして、海外生活、留学、異文化理解、ヨーロッパと日本の教育などに関する記事を投稿しています。