1980年代にロンドンにスイーツメーカーを営むトム・スミスが暖炉のパチパチと鳴る華やかな音をアイデアに開発したクリスマスクラッカー。今ではイギリスの伝統的なクリスマスディナーに欠かせないもののひとつです。

イギリスのクラッカーは片方のサイドを自分と相手とで引っ張って鳴らすデザインのもの。パン!と音が鳴ったあとは、クラッカーの中身にはちょっとしたクイズやことわざが書かれた紙、頭に被る王冠、雑貨などが入っており、パーティーを盛り上げてくれます。

安いものから高価なものまでお値段と種類が豊富なので、ご自宅のテーブルコーディネートに合わせて選ぶのもとても素敵ですよ。

クリスマス限定のスイーツジャー

スイーツジャー

クリスマスのトリートスイーツ(クリスマスだけの特別なおやつ)は、当日だけは子どもたちが朝ごはんが用意できるまで食べても良いおやつです。

そんなワクワクするスイーツは、どこのデパートにもクリスマスの時期になると用意されるのがスイーツがたっぷり詰まったお菓子のジャー。サワーテイストや、フルーツ味など何十種類ものスイーツジャーが並びます。

彩りと中身もクリスマス仕様になっていて、小さなプレゼントやお土産にもぴったりのご褒美スイーツです。

インテリアにも!クリスマスサック&ストッキング

サンタさんのブーツを模ったお菓子やプレゼントを入れられる可愛い袋は、クリスマスのインテリアデコレーションに欠かせないアイテムですね。まだ持ってない方はぜひこの機会にゲットしてみてはいかがでしょう。

サックは袋状ものも、ストッキングはブーツ型のものを指し、大型スーパーや雑貨屋さん、インテリアショップで手に入ります。

子どもにとって小さなプレゼントやお菓子、コインなどいっぱいに詰められたストッキングが目覚めたときにあると、なんだかとても幸せな気分。素敵なものはすぐに売り切れてしまうので好みのものを見つけたら即ゲットが鉄則。

この時期にしか手に入らないものをお土産に

イギリスのみならずヨーロッパの人々にとって、1年中で最も大切なイベント・クリスマス。ギフトや飾り付けへの情熱は見ていても並々ならぬものがあります。

そのぶん日本に比べてとても種類が豊富で、可愛いものがたくさん!この時期イギリスに来れる方は、ぜひ好みのものを見つけて帰ってくださいね。



ABOUTこの記事をかいた人

Maru

イギリス在住の元インテリアコーディネーター。趣味はDIYとガーデニングです。日常から感じた何コレ?や、カワイイ!ビックリなどのアレコレを楽しくシェアできたらと思っています。