年上の男性には基本的に敬語で話しますよね。でも、気になる年上男性がいる場合、敬語とタメ口混じりで会話するとグッとその人との距離を縮めることができます。

そこで今回は年上男性との距離を縮めたい女性必見の、敬語とタメ口混じりのモテテクニックをご紹介します。

実は仕事でも使える敬語とタメ口混じり

年上男性への敬語とタメ口混じりは、実は仕事ができる女性は取り入れています。

例えば、多くの年上男性をお客さんとして相手にするクラブのホステスさんは、お客さんに気に入ってもらえるように、この手法をうまく取り入れているそうです。

お客さんなので失礼があってはいけませんが、終始敬語でもつまらないと感じさせてしまうので、タメ口を混ぜて距離感を縮めているのだそうです。

また、テレビで見ない日はないというくらい引っ張りだこのAKB48の指原莉乃さんは、敬語とタメ口をうまく使い分けることで、プロデューサーさんに可愛がってもらうという話をしていました。

プロデューサーさんにはタメ口を混ぜて、ディレクターさんにはきっちり敬語で話す、と偉い人度合いによって使い分けているのだそうです。

これは仕事での例ですが、敬語とタメ口の使い分けはもちろん恋愛でも十分使えるテクニックなんです。

敬語とタメ口混じりにするタイミング

年上の男性に対して敬語とタメ口混じりで接するときは、タイミングが重要です。知り合って間もない年上の男性に突然タメ口で話しかけたら、常識のない子だと思われてしまいます。

では、タメ口混じりで話しかけても良いタイミングとはいつなのでしょうか。

相手の男性があなたに対して既にタメ口を使っている状況で、その男性とプライベートの突っ込んだ話ができるようになってきたら、「下の名前にさん付けで呼んでいいですか?」と聞いて敬語とタメ口混じりを開始するとスムーズでしょう。

また、LINEでプライベートな連絡を取れるようになってきたら、そのタイミングも敬語とタメ口混じりに移行するチャンスです。

LINEならタメ口を取り入れやすいので、自然と直接会った時の会話も敬語とタメ口混じりにすることができます。

敬語とタメ口混じりの黄金バランス

敬語とタメ口混じりで、もう一つ重要なのはバランスです。ほとんどタメ口だと年の差によっては相手が違和感を感じてしまいますし、逆にほとんど敬語だと堅苦しい印象になって距離が縮まりません。



Нашел в интернете классный портал на тематику покупка ценных бумаг .