「叩かれる」とは、「何か行動を起こしたときに周りから悪意のこもった反応や攻撃をされる」という意味ですが、今やこの現象は有名人に限らず、誰にでも起こりうる時代です。

軽い気持ちでブログに書いたことやSNSに投稿した写真が、思わぬ反感を買ってしまう…。そんなお悩みを持つあなたに、あなたが叩かれやすい理由と叩かれない人になる方法をズバリお教えします!

「叩かれやすい」時代であるということ

昔に比べ、様々なSNSで自分の意見が簡単に発信できる現代で、情報発信のハードルは大きく下がっています。

ひとつの意見が多くの人の目にとまれば、その人の数だけの共感と反論が生まれるのは当然ですよね。このように叩かれる側になる可能性は誰にでもあり、その確率も高い時代であることを念頭におきましょう。

そんな現代においては、何となく放った言葉が一個人の意見としてとらえられてしまうため、意図しない形で相手に伝わってしまう危険性があります。

以下の叩かれやすい人の特徴に自分が当てはまっていないか、チェックしてみてください。

目立ちたがり屋

お騒がせキャラを売りにしている芸能人の発言は何かと注目を集め、その意見は過激であればあるほど世間で話題になります。

芸能人にとっては炎上=自分の知名度をあげることにもなるので、叩かれることも仕事と言えるでしょうし、注目を浴びること自体が快感という人もいるでしょう。

芸能人に限らず、もっと自分をたくさんの人に知ってもらいたい!と思ったとき最も手っ取り早いのは、多くの人の反感を買うことです。

炎上を意図的に起こし、SNS等で間違った情報や誰がみてもおかしいと思う意見を発信することで、より多くの注目を集めようとするタイプの人がこれにあたります。

意図せず個性が強い

目立ちたがり屋とは異なり、あなたは意識せずとも個性・存在感が強く、周りから一目置かれている存在かもしれません。

良い悪いは別として、服装、行動、交友関係等、周りにとっては異質と感じられる個性があると考えられます。その個性は強ければ強いほど、多くの人の目にとまりやすく、同調する意見と同じくらいの数の批判を受けるのも当然のことでしょう。

「皆と同じであること」で均衡を保とうとする人々にとって、異質な存在のあなたは羨ましくもあり、恐ろしくもあるため、安易に攻撃の対象となりやすいのです。

気持ちを言葉にするのが苦手

自分の気持ちを言葉にするのが苦手な人の発言は、相手に間違った形で伝わってしまいがちで、捉え方によっては叩かれてしまうこともあります。


Нашел в интернете интересный веб портал со статьями про Тренболон http://farm-pump-ua.com