スウェーデンで幼稚園教諭になるためには、大学の教員養成学科で3年半、小学校の教員になるためには4年間、中学校の教師になるためには4年半、高校の教員になるためには5年~5年半の教育を要します。

教員免許取得に際して教員資格認定試験等を受験する必要はなく、学位の取得をもって教員免許を申請することができます。

技術系の専門職

前述した高校レベルの職業訓練を受けることで就職可能な技術系の職業の他にも、3~5年間の大学教育を必要とする電子工学、機械工学、情報工学、建設工学等、各分野の技術系の専門職は、製造業に力を入れているスウェーデンではニーズの高い職業となっています。

男女平等意識の高いスウェーデンでも、こういった技術系の職場ではどうしても男性の従事者の比率が高くなる傾向があります。

スウェーデンで就職が難しいとされる職業

一方で、ジャーナリスト等のメディア関連、写真家、音楽家、グラフィックデザイナー、銀行員、証券アナリスト、社会科学者や行動科学者等の高等教育を要する職業への就職は、求職者の数が需要を圧倒的に上回っているため、中々難しいとされています。

また、大学教育を必要としない職業に関しては、事務、受付、秘書、レジ係、販売員等が供給過多となっているのが現状です。

参照元:/ 



ABOUTこの記事をかいた人

近藤万祐子

神奈川県横浜市出身の30代の日本人女性です。2012年に、スウェーデン人男性と結婚し、スウェーデン南部へ移住しました。現在は、現地の大学で心理学と教育学を勉強しています。また、学業の傍ら、スウェーデン在住ライターとして、海外生活、留学、異文化理解、ヨーロッパと日本の教育などに関する記事を投稿しています。